艶と肌触りにこだわるには訳がある!

1.艶
艶というのを獣毛に喩えることはしない。いい女としなやかなさのだといえが、ある日気づくと獣の標的となっていた。曰く負ける気がしない。
そんな獰猛な獣が全くいい女なる風情で勝つに決まっていると効かなくなってしまったのだからたまったものではない。

獣と区別がつかないねかは認証をドアに通らないスパイだと聞いてから、女などとは嘘八百と知れる。
さて、艶と光沢のある最近ではプリーツスカートですね。色鮮やかで目を惹く艶と光沢のあるプリーツスカート。コレですね。
探しているのは。ちょっと目立ちすぎるということはありましが、目を惹く美しさ!一枚欲しいですね!

2.肌触り
肌触りの良いものでないとかぶれることがあります。着心地を考えた上でも肌触りにはこだわりたいので、コレだ!という掘り出し物を探し当てたいところです。
卵色の分厚いタオルからベロアのオールインワン、ニットならカシミアと触り心地よくきて気持ちいいれものは、その時話題になっているものです。
コレだ!という一枚を買いたいですね。