クリーニングの種類について確認してみました。

スーツのクリーニングには、ドライクリーニングとウェットクリーニングの2種類があります。 ドライとウェットの違いは有機溶剤(石油のようなもの)できれいにするか、お水できれいにするかです。

その洗剤の違いによって、取り去ることができる汚れも出来上がりも相違しています。 クリーニングでトラブルを起こさないためには、油汚れか水溶性の汚れか、どちらの汚れを落としたいのかをまず決定しましょう。 油汚れはマヨネーズ・口紅・チョコレートなどの汚れ、水溶性の汚れは汗・オレンジジュース・しょうゆなどの食事の汚れです。 何が要因の汚れかを把握したあとで、ドライクリーニングとウェットクリーニング(汗抜きコース)をうまく利用するのがポイントです。ドライクリーニングはウール(スーツの主な素材)などの洗濯できない素材を、有機溶剤(石油のようなもの)でクリーニングします。 有機溶剤は油汚れを落とすのに向いていますが、食べ物や汗などの水溶性の汚れは取れません。シーズン1回程度、衣替えで収納する前に出しましょう。 ドライクリーニングで落とす油汚れは、平常ならあまり付きません。シーズンに1回で大丈夫です。クリーニングは宅配クリーニングが便利です。なかでもリナビス 評判がよいです。